凍えないように

寒くて雪が降り積もる時にはけが人なども出ることもあるのですが、毎年のことながら気を付けないといけないということはあるでしょう。
むかしの雪国の家などでは、屋根が合わさったところに「雪割り」などというものを付けて雪が積もらないようにしたことがあるみたいです。また、雪が家の周りに積もり積もってきても、溝川などをつくっておいて、水で流れていくようにしてあった、ということがあるみたいですね。それは昔からの知恵というか、今であれば家の屋根には、雪を電気で溶かしてしまうという方法もあるかもしれないですが、なかなか新宅であっても取り付けるということについては、雪国の人でないと考えないと思うのですが・・・。また、家の強度を強くするという方法で、雪が積もってもけっこう「へっちゃら」という風につくる方法もあるということですが、そういうことでは今の家は耐震だけでなくいろいろと費用もかかってくるということですね。